2007年1月2日 〔海からのお年玉〕


実家のおみやげ用にアオリイカを釣ろうと、朝から早起きして堤防に向かう。

ここはこじんまりとした堤防で、アオリイカの実績が高い。

風向きさえ味方につけば、ほぼ間違いなくアオリイカをゲットできるはず(^o^)



タックルを持って堤防先端へ向かう。

まだ釣人の姿は無く、オイラが一番乗りのようだ。

この堤防はどの方角に投げても、アオリイカの実績があり

どっちに向かって投げようか迷っちゃう(^^)


まずは先端角の一番人気ポイントから。

エギをキャストし着低したところで、大きく2段シャクリ!

続けてショートジャークを5回入れて、少しフリーフォール、

またショートジャークを5回入れてテンションフォール・・・

するとエギがククッと持っていかれる!!

ロッドを起こして合わせを入れるが、バラシ(T_T)


最近、とてもバラシが多くなった・・・。

バラシが多くなったのは、今までとは違う釣り方だからと解っている。

だけど、スレていても数をのばす事ができるし、大型も乗ってくるような気がするから

もう少しこの釣り方を続けてみようと思っている。


気を取り直して同じポイントにエギをキャストしようとするが、

吹き始めた風に、うまく狙って乗せることができそうもない。



そんな事している間に、1人のエギンガーがやってきた。

すると、そのエギンガーに先にアオリイカを釣られる(T_T)

1キロぐらいありそうなサイズ。



お腹が空いたので、エギをキャストし、エギの着低を待っている間、

ロッドを足下に置いてパンをかじる。

エギンガーのシャクリ方を研究していると、

オイラのロッドの方から、何か音がした(・_・?)

ロッドを見ると、ズルズルとロッドが引きずられている!

慌ててロッドを手にとってみると


イカが釣れてました。

キャスト後のフリーフォールで乗ってきたのか??

小さいサイズだから良かったものの、大型だったらそのままロッドごと持っていかれるところだった(^_^;)



パンを完食しコーヒーを飲んで一息ついたあとエギング再開。

一度強くなった風はおさまり、当たりが取りやすくなっている。

ほっといても釣れるぐらいだから、アクションは地味にしてみようと考えて、

テンションをかけながら、エギをチョコチョコ動かし誘ってみる。

するとグッと竿が重くなり


本日2ハイ目。

イカを触ったら、気温と水温の差で暖かい(´。`)

その後、反応が無くなり休憩タイム。



ボーッと海を眺めていると、目の前にあの時と同じような大きなナブラが発生!

数百メートルの範囲を縦横無尽に走り回り、ベイトがそれにあわせて逃げ惑う。

慌ててエギからメタルジグにチェンジしキャスト。ベイトに合わせて表層をファーストリトリーブし、

ストップさせてフォール・・・

すると意外にも簡単にガツンとヒットしてきた!

ヒットした途端、そいつはものすごい勢いで走り回る。

ロッドは大きく弧をえがき、ラインがどんどん引きずり出され、

ここは沈み根が多く、潜り込まれたらラインブレイクは必死。

なんとか海面に浮き上がらせて、抵抗に耐える。

エギングタックルの0.6号ラインなので無理は出来ない。

スプールが逆転するのを指で押さえて止め、じっくり時間をかけ弱らせながら寄せていくと


イナダゲット!!



ナブラがおさまり、海が静かになったので(笑)

エギング再開。


日は完全に昇り、偏光グラスをかけると海の中の様子がよくわかる。

冬の海らしく透明度が高く、観察するとベイトとなる小魚もたくさん泳いでいる。

しばらく反応がないので、キャストする角度を変えて違うポイントを狙う。

底を取りながら、じっくりエギをアピール。

しかし、じっくり見せすぎたか根掛かりしたように重くなる(T_T)


ロッドを大きくあおると、ズシンと根掛かりにも似た手応えのあと

勢いよく引きずり出されるライン!!

さっきまでのアオリイカとは全く別物。

ラインを巻き上げては引きずり出され、また巻き上げてを繰り返し、ようやく浮上したアオリイカ。

デカい!

海面に姿を現しても、ヒラヒラをエンペラを羽ばたかせ、ジェット噴射で最後の抵抗をみせる。

無事ネットインして、改めてアオリイカを見るとやっぱりデカイ!

この時期としては大物。





またもやメジャーずれる 1.35Kg

ロッド:    エスペルト 87Duro改
リール:       ルビアス 2506
ライン:   エギングスーパーPE06
リーダー: エギングリーダー1.75



ロッドを片付けていると、安物メバル竿の先端が折れているのに気付く。

明らかに誰かに踏まれたような破損の仕方。


このあと、焼津に移動。

焼津のターゲットは根魚。

ルアーではなく餌釣りで挑戦!!

大物ゲットの期待を胸に、今日は早めに就寝。



アオリイカ 1350g ×1(キープ)

アオリイカ -g ×2(リリース)

イナダ -g ×1(釣人へ)



釣人(泳がせ釣り)と漁師さんでトラブルが起こったと話を聞きました。

堤防は、漁師さんの仕事場です。

釣場を無くさないためにも、常識のある行動をとりましょう。



[Back]