本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2017/11/25




今日は、ナイトから朝マヅメにかけて勝負。

時間をかけて、じっくり釣りができる。


本命はアオリイカ、できたら青物も狙いたい
( ̄― ̄)ニヤリ



風は強い南西風で、斜め後ろから風を受ける。



エギはR08CRZをセット。

ティップでボトムを丁寧に叩く。するとズシッ!

アオリイカのジェット噴射だけど、ちょっと小さいか?



同じアクションで、



ややサイズアップ追加。



それにしても風が強くてやりにくい。


風に吹かれても安定姿勢のフォールをセット。

大きく2弾シャクリを入れて、フォールを中層でステイ。

次のシャクリを入れたらズシッ!

ロッドを立てると手前にジワリと動き、ズルズルッ・・・ガツッ!

エギの横抱きからフッキング
(^^;

重さのわりには、力強いジェット噴射。

この掛かり方は、脚一本かも
(・・;)


念のため、ゆっくり時間をかけてリールを巻く。

見える位置まで来ると、まぁまぁのサイズ。

やっぱり脚一本。しかも、脚の先端に掛かっている。


良く引くわけだ。


ライトで照らすと、それを嫌がり、ジェット噴射を繰り返す。

その度にバレないかヒヤヒヤしながらも、無事にネットイン
(^O^)



850g



そろそろ夜明け。

アオリイカは確保したので、次は魚狙い。


水面には、ピシャピシャとベイトが跳ねて逃げ惑う。

何かいるぞ
(^ー^)

メタルジグを通してもアタらないので、ぶっ飛びにチェンジ。

ぶっ飛びにコツコツと何度もアタって来る。

そして、その何かがヒット!

カマスだ。



ショアジギタックルではオーバーパワーでつまらないので、エギングタックルにチェンジ。

ルアーはKBIW12gを結ぶ。

これが良かったのか、投げれば釣れるの入れ食い状態
∩(´∀`)∩ワァイ♪

単純に遠くに飛ばせばよいのでなく、カマスのいるレンジにルアーを通さないとアタらない。

一か所に固まっているのか、打ち込むポイントがずれてもダメ。


カマスゲーム面白い
(^^♪



10分ほどするとアタリが遠のく。カマスの時合が終わっちゃった?

収まりかけていた風が再び強く吹き出し、やり辛くなってきた。

KBIW12gをボトムまで沈めて、ゆっくりリールを巻くとコツッ!

このコツッがたまらない
o(^▽^)oキャハハ

そのまま巻き続けてヒット!

結構良く引くぞ。



31p



ドラグを出されながら慎重にリールを巻き、水面から抜き上げようとすると、カマスが暴れてボチャンと落ちる
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ボトムには大型のカマスがいるようで、ヒットしても力強い引きでバレてしまう。

さっきまで水面でベイトを追い回していたカマスはボトムへ移動したようだ。



そして、これまでいなかった海鳥が集まりだし、上空を飛んでいる。


すると、ボコッと水面が割れるボイル!!

カマスとは違う何かが、水面のベイトを捕食し始めたかも
!(゚ロ゚屮)屮オオー!


しかし、オイラはでかいカマスが欲しくて、カマスゲームを続行。

KBIW12gをボトムまで沈めてゆっくりリールを巻いていると、ガツッとヒット。

KBIW12gをひったくる力からして、コイツはデカいぞ。

と思った瞬間、一気に走り出しドラグが止まらない
(゚ロ゚;)エェッ!?

カマスじゃない。青物だ。


こっちはエギングタックルでPEは0.5号。なすすべがなく、止まってくれるのを待つ。

ボトムへ向かってのファーストランは、運悪く根のある方向。

スプールを手で押さえて魚を止めようとしたら、ラインが根に当たる感触。


ヤバい。切られる。


ガチンコファイトはできないので、ベールをフリーにして魚を泳がせる。

あちこち泳ぎ回るなと祈っていると、魚が止まった。

PEラインのカラーをみると、ルアーまで30mほど。

幸いにも、ロッド角度からみて、真下に向かって泳いだだけのよう。


出来るだけ根に擦られない角度へ立ち位置を移動し、魚とのファイトを再開。

ロッドを立ててラインを張ってみると、重みはあるが魚の動きは感じない。

って事は、根に絡まってる。これはマズイ
( ;∀;)


少しずつリールを巻いてラインテンションをかけていくと、ブツッブツッとPEラインが根から剥がれるのがわかる。

そして、魚の動きがダイレクトに伝わるようになった。


よし、根から外れたぞ。


ここからが勝負。

ラインに傷がついたが、まだ魚の力は残っている。

ラインを出されては寄せてを繰り返して、慎重にやり取り。

残り10mほどきたら、PEラインがささくれているのが見えた。


こりゃマズい
(゚ー゚;


ビクビクしながらリールを巻くと、魚が見えた。


イナダが2匹
?( ゚o゚)ハァ


ダブルヒットかと思ったが、釣れたイナダにもう1匹がまとわりついているだけ
(^^;


力尽きたのか、海面に浮いたところでネットイン。

緊張で腕が震える。思わずガッツポーズ。





46cmのイナダ。


サイズは、イナワラサイズといってもいいかな?



エギングタックルでこのサイズを釣り上げる事ができたのが嬉しい。

なにより、HS4の0.5号でイナワラをゲットできたこと。

HS4なら3KgUPのアオリイカでも安心かな。



ところでカマスですが・・・



キープは、MAX31cmの計14本。


小さいのはリリース。全てで何本釣れたかは数えてないけど、20本以上は釣ったのでは?

オイラの小さいクーラーボックスには、これ以上は入らない。



本日の釣果に満足して、撤収。



自宅に帰ってからが大変。収穫を捌くのに一苦労。

しかし、その苦労も報われる。夕食は贅沢な海の幸を美味しくいただきました。


カマスは、ほとんどがアカカマス。小さい数本はヤマトカマスでした。

アカカマスの方が美味しいと言われてるが、両方を塩焼きにして食べ比べてみる。

なるほど、アカカマスは身がふっくらとしてやわらか。美味い!



イナダは釣った直後に丁寧に血抜きをしておいたので、刺身にしたらこれまた絶品!

オイラはイナダ特有の青臭さが苦手でしたが、それもなく、家族に大好評でした。

これぞ釣り人にしか味わえない味覚、釣り人の特権です。



翌日、アカカマスを同じように塩焼きにしましたが、昨日とは一変、身のホクホク加減や香りが違ったものになっていました。

お店で買って食べるカマスと一緒のような・・・
(-_-;)

アカカマスは鮮度が大事ってことか??




アオリイカ MAX850g ×3 (キープ)

カマス MAX31p ×14 (キープ)

イナダ 46cm ×1 (キープ)


エギングタックル
ロッド :GCRS-862MH
リール:12LUVIAS 2506
PEライン :ソルティメイトPEエギULT HS4 180m 0.5号
リーダー :グランドマックス
スナップ :エギスナップ



ジギングタックル
ロッド :XRS-1002LSJ
リール :レアニウム CI4 4000
PEライン  :G-soulスーパージグマン X8 200m 16lb
リーダー :フロロリーダー20LB
スナップ :クロスロックスナップ





アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。