本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2017/6/20



出張帰りに海に寄り道。



平日ということもあってか、めずらしいことに誰もいない。

貸切状態で、好きなように釣りができる
(`ー´) クククッ



海岸線にはゴミが点々としている。

赤潮も出ていて、嫌だなぁ。

イカが釣れたら、この赤潮の中から上げなくてはいけないと思うと、ちょっとテンションダウン。

まぁ、釣れてもいないのに、余計な心配する事ないか
(^_^;)アセアセ



ラインが浮いているゴミに絡まないように、気を付けながらゲーム開始。

風はほとんどなく、釣りはしやすい。

しばらくすると、これまで止まっていた潮が動き出した。

このタイミングが大事
( ̄▽ ̄)ニヤリ


底を丁寧に叩いていき、足元まで来たところでヒット!!

引きが弱く、まさかアカイカかと思ったら、手のひらサイズの小さなアオリイカ
(^^;)

エギをがっつり横抱きしていて、カンナにかかっていない。

海から上げてしまうのも可哀想なので、水面でエギを揺すって、釣れていることに気付かせてリリース。



すぐにOMをキャスト。

OMの着底後すぐに、コツンと明確なアタリ。

軽くアワせるが掛からない。

(・_・;?

HPSJのあとフォール。

反応がない。

ならばと、ボトムダートを数回入れて、テンションを張ってアタリを待つ。

そしてヒット!

結構良い引きで、今度はキロはイッタ
(*^0゚)ヤッタ


足元には赤潮ベッタリ。

赤潮の下をくぐらせて寄せようと頑張ってみたが、うまくいかず、赤潮とゴミの中からアオリイカが浮上。
(>_<)



よく太ったメスのアオリイカ。

この胴長で1900g
w(゚o゚)w オオー!



撮影を終え、思う事あってエギをKMPにチェンジ。

そしてすぐキャスト。



2投連続のヒット。

アタリの数といい、まだ釣れそう
(VーV) フフ

フルキャストして、フリーでKMPをフォールさせる。

着底までの間、ロッドを股に挟んで、タモ網を海水でジャブジャブ洗っておく。

タモを戻して、ロッドに持ち替えて余分な糸ふけをとると、プツッ!

あれ、海藻?・・・それともイカ
(^_^;)?


特に気にせず、その場でKMPを首振りアクション。

何度か繰り返すと、ズンッと重量感!

やっぱり
キタ―ヽ(゚∀゚ )ノ━!!!!

リールを巻いて、巻き合わせ。

寄せてくる途中に、ニュルっと滑りガツッとカンナに掛かった。

横抱きだったのね。

そしてジェット噴射開始。

さっきより引きは弱いけど、引きはアオリイカのもの。

赤潮まみれにならないように、隙間を通して引き寄せる。



胴長30cm、1300g。

またもやメス
(;^_^A アセアセ・・・


3投連続でヒットしたアオリイカは、すべてエギを横抱き。

活性バリ高じゃん
w(゚o゚)w オオー!



4杯目を狙おうとしたところで、まさかの強烈な向かい風。

こんな予報じゃなかったのに
(-_-;)



忘れもしないあの時の爆釣を予感させたが、そううまくはいかなかった。

一時のアツい時間は終わり、静かな海へ。



今日は、簡易的な発砲スチロールのクーラーボックスを持ってきていたので、 これ以上は入らない。



クーラー一杯、気持ちは満足で、日没前だけど早めに撤収。



今週末に楽天で買ったカラーラが届くので、アオリイカフライでも作ってみよう
(^^)



アオリイカ MAX1900g ×3 (キープ)



エギングタックル
ロッド :GCRS-862MH
リール:07LUVIAS 2506
PEライン :PEエギ ULT 180m
リーダー :グランドマックス
スナップ :エギスナップ



アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。