本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2017/2/12




今日も朝マヅメ勝負。



ここ数日で、記録的な寒波に見舞われた日本列島。

防寒をしっかりして出撃。


風はそれほど強くないが、指先が悴んで痛い。


この寒さでは、さすが釣り人は少ない
((´д`)) ブルブル

オイラとエサ釣り師の2人だけ。



水温の低下でアオリイカは厳しそうなので、まずはタチウオを一本獲りたい。



実は、昨日も出撃したがボウズに終わっている。

風は背後からのフォローで、少し波は高かったけど、コンディションとしては良かったのに

(´_`。)グスン




今日も、全くアタリさえ無いまま、夜明けが近づいてきた。

タチウオの時間が終わる。



このままではマズイ
・・・(゚_゚i)タラー・・・

エギングロッドに持ち替えて、イカ狙いへシフト。



動きがない海。

少しでも変化がないかと海をよく見ると、沖へと払い出す流れが。


エギをキャスト。ボトムまで沈めると・・・なるほど
(゚ー゚)ニヤリ



東の空が赤く染まり始め、またボウズかと諦めかけた時、カーブフォールのRDOLKにジワリと重量感!

アワセを入れてズシッとヒット!

この力強いジェット噴射はアオリイカ。

バレるなよ。

慎重に足元まで寄せると、エギをガッツリ横抱き
(^▽^;)

タモに入った後、十分に墨を吐かせて取り上げる。



あまりの寒さに、体の半分が絞まっていました
(^^;



胴長28cm、900g

当時の外気温は1度。足のチヂミ方が半端ないです
(T_T)

あれ?イカ墨が胴体先端に溜まってる?

なんと、身と表皮の間にイカ墨が廻りこんでました。

何じゃこりゃ?



苦労して釣り上げたアオリイカ。

思わずガッツポーズ
d=(´▽`)=b ィェーィ♪


その後、しばらく投げ続けましたが、イカからの反応はなくタイムリミットの7時30分。



急いで撤収。



ゲソは、イカに目が無い娘と、遊びに来ていた姪っ子へ、烏賊ゲソチャーハンにして。

胴体とエンペラは両親の夜ご飯へ。

美味しく食しました。



アオリイカ 900g ×1 (キープ)



エギングタックル
ロッド :GCRS-862MH
リール:07LUVIAS 2506
PEライン :PEエギ ULT 180m
リーダー :グランドマックス
スナップ :エギスナップ



アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。