本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2016/9/3


仕事の帰り道、ちょっと遠回りして海へ寄り道。

今日はしっかりクーラーボックスも持ってきた。

ターゲットは晩御飯のおかずに直結の青物狙い。



ポイント到着。

風は、向かい風がやや強く吹く。

青物が釣れだすまで、まだ少し時間がある。



両脇をカゴ釣り師に挟まれて釣りを開始。

コマセで魚を寄せてもらおう(^ω^)フフッ



濁りがあるので、グローのジグをチョイス。

フォール中のジグに違和感w(゚o゚)w

リールを巻きながらロッドを立てると、なんらかの魚信が(゚ー゚*?)オヨ?

重いだけで暴れないので、魚がついているか確認しながら、ゴリ巻きで寄せる。

足元まで寄せると、体高がある魚。

なんだ?

タモ入れが面倒なので抜き上げ。

デカっ(`ロ´;)



29cmの大アジで自己記録更新∩(´∀`)∩ワァイ♪

といっても、アジを釣ったのは今回で2匹目ですが(^▽^;)

尺越えまであと1p。

トレブルフックを丸飲みでした。

娘が大好きなのでありがたくいただくことに。


追加を狙って、釣れたアジを放置してすぐキャストするが追加できず。


その間、アジは元気よくピチピチと跳ねる。

しかも結構な高さだぞ(゚∇゚ ;)エッ!?

この高さはヒラメに匹敵VvV プッ



しばらくすると、水面を走る青物の姿。

一番信頼のおける03H35を投げる。

必勝パターンで狙ってみるもののヒットしない(>ω<)クウゥ



目に見える魚は気にせずに、03H35をボトムまで沈めてファストリトリーブ。

すると、ガツガツッとアタリがあったが、フッキングせず。

そのまま少しフォールさせて、再びファストリトリーブで、また喰ってきた!

最初は難なく寄せることができたが、途中から激しく抵抗。

何度かドラグを出されながら、慎重にやりとりしてあがってきたのは・・・



39cmのサバ\(^o^)/



隣のカゴ釣り師は、小さいサバやソウダガツオを釣り上げている。

今日は、ワカシやカンパチは見ていない(゚ー゚)ムムッ


ならばと、ジグをWRG32へチェンジ。

これが当たった。



続けて連続ヒット。



撮影は後回しにして、数釣りを狙う。


今日のヒットパターンは、WRG32を使ったボトムからのファストリトリーブ。

これから爆釣モードに突入するが、バラシも多い。

半分は寄せる途中でバラしてしまう<(゚ロ゚;)>ノォオ!!

バラしたあとも、フォールさせると別の魚が追い喰してくれるので、何とか3匹のサバを追加。




あれ?サバが、かじられているぞΣ(゚口゚;



1番デカいのは38cm。



ジグがフォール中に止まり、ラインが走り出した!

アワセを入れてガツッとヒット!!

力強い引きに、ロッドが弧を描く。



35cmの丸々としたヒラソウダ。

ソウダはリリースすることが多いけど、ヒラだし大きいからキープしておこう。

サバと同じように、釣った直後に血抜きをして、内臓を取り除く。

そんなことしている間に時合は過ぎてしまい、アタリが遠のいてしまった
(´o`)





最後にサバを追加してタイムアップ。



今日はWRG32が大活躍。



帰宅して、釣った魚を舌鼓。

食べてみて驚いたのは、ヒラソウダの刺身。

食べてみると臭みがなく、口の中でとろけてしまう。

さすが、時期のものは、サバやカツオ類の中で最も美味いと言われる事がある。

これまでも、釣ったヒラソウダを刺身で食べた事あったけど、これ程では無かった気が(^-^;)

皮を剥いだ時に気付いたけど、皮と身の間にうっすら脂が乗っていて

状態の良いヒラソウダだった。

釣ってすぐに処理をしたのも良かったかも。



アジ 29p ×1 (キープ)

サバ MAX39p ×6 (キープ)

ヒラソウダ 35p ×1 (キープ)



ジギングタックル
ロッド :XRS-1002LSJ
リール :レアニウム CI4 4000
PEライン  :G-soulスーパージグマン X8 200m 16lb
リーダー :フロロリーダー20LB
スナップ :クロスロックスナップ


アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。