本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2015/5/16


世間はゴールデンウィークで、休日を楽しんでいた時、オイラは休みなしで仕事。

やっと休みが取れて、釣りができる\(^o^)/


エギングのハイシーズンは5月上旬。

出遅れた感があるけど( ;∀;)



しんくからは、3キロアップも出ていると聞いていたし

春のデカアオリを狙うなら、今回しかない。



家族には、今日は大きいアオリイカを釣るチャンスで、今回を逃したらもうない。

絶対釣れる!と宣言<(`^´)> エッヘン

嫁さんには、朝マヅメをはさんだ8時間釣行の許しをもらい

寝ずに徹夜の強行出撃(^A^)ノ


なんせ、約1ヵ月ぶりの海。

寝てなんていられない。



ポイントに到着。


釣り人が多く、良いところには入れなかったが、場所を確保。


横から吹く風が少しやり辛いが、やっと釣りができる嬉しさで気にならないヽ(・∀・)ノ ワチョーイ

ところが、期待とは裏腹に、アオリイカからの反応はない。

おまけに睡魔に襲われ、寝そべって少し睡眠(-_-)zzz

季節は春になり、暖かくなったなぁと思いながら、快適に仮眠・・・。



そんなことしている間に、夜明け間近。

そして、雨が降りだしたi||l|i(;゚∀゚;)||i|li; ザー

おまけに風が強まり、釣り辛いことこの上ない(T_T)

さっきまで居たエギンガーも、次々と撤収。



ここで、ボウズの予感。アオリイカは居るはずなのに。

やっぱり春アオリは難しい(*_*;



雨風が強くなったので、最後に、試してみたい誘いをいれてから撤収しようと

万能アクションのエギへチェンジ。


キャスト後に着底を確認。

ロッドの握りを変えて、ボトムからエギを離さずに、底を這わせる連続ダート。

途中で止めずに、一気に足元までアクションさせて、アオリイカに考える隙を与えない。

すると、なんと数ハイのアオリイカがついてきた(^Д^)ヨッシャ!!


さっきまでの無反応は何だったのか(^-^;

こうなったら、こっちのもの(`∀´)Ψケケケ


エギをステイさせると、1ハイのアオリイカが、エギの前方へ素早く回り込み、

今にも飛びかかりそうに、真っ黒になって間合いを計っている。


こいつはスイッチが入りそうだけど、他のほうが大きいのでパス(^^;


一旦エギをピックアップしてもう一度同じアクションで誘う。

今度は数メートル沖でステイ。

他の奴が、きっと喰ってくるはず。


弛んでいたラインが走り、アワセのシャクリを入れてズシッ!


アワセの重みですぐわかった。

デカい(゜ロ゜)ギョエ


ドラグが鳴り、ラインが一気に出される。

スイッチが入り活性が上がったアオリイカの引きは強い。

バレるなよと祈りながら、心臓バクバクさせて、慎重にやり取り。


なんとか浮かせたアオリイカの背後には、更に大きいアオリイカが!!

間違いなく2キロオーバー、いや3キロ近いかもΣ(`Д´ )マヂデスカ!?


後ろのアオリイカが気になるが、掛けているのもなかなかの良型。

最後まで抵抗されたが、何とかネットイン。

やった!



丸々と太った、メスのアオリイカ。

胴長35.5p\(^o^)/



ランディングに手間取り、背後のアオリイカは消えてしまった。



家に帰ってから検量してみると1900g

メスでこの重量は凄いのでは( ゚Д゚)ウヒョー


後ろのオスはどんだけデカかったのか・・・。



昼間は、買い物、お墓参り、子供と遊んだりお昼寝したり、アオリイカの捌きと

ハードな一日でした(^^;



アオリイカ 1900g ×1 (キープ)



エギングタックル
ロッド :GONCQS-862MH-T
リール:ルビアス2506
PEライン :ラピノヴァX マルチカラー
リーダー :グランドマックス
スナップ :エギスナップ



アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。