本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2013/10/19




今日は、仕事から家に帰るだけの移動日。


各地でアオリイカが良く釣れていて

しかもサイズがデカイと聞いたら行くっきゃない。

朝マヅメ狙いで出撃だ
(^O^)/



ひさしぶりに来るポイント。

どうなっているか解らないので根掛かりが怖い
(+_+)

最近はすっかり使わなくなった

2軍落ちしたエギを使う。



予想はしていたが、現地に到着すると、ものすごい爆風。

打つ場所によっては風を背にできるが、

風でラインが暴れて、うまくエギをコントロールできない
(>_<;)



出来るだけ風の影響を避けるため、

シャクリとフリーフォールを組み合わせたアクションで狙う。



足元まで丹念に探り、最後にステイ。

すると、エギが持っていかれるアタリ
( ̄ー ̄)ニヤリッ

アワセを入れてズシッとヒット。

秋らしい、手のひらサイズのアオリイカでした。



リリース。



その後も、小さいアオリイカが相手してくれました。



数釣りができそうです
(^◇^)





エギについたヌメリを落とそうと、エギをキャストして

着水と同時にロッドを振り回す
^_^;


そろそろヌメリが取れたかな?という頃に

せっかくだから、回収せずそのままフリーフォールさせてみることに。


考え事しながらボーッとしていると、フォールと一緒に出ていたラインが

いつまで経っても止まっていない事に気付く
(‥ )ン?

(゜ー゜*?)オヨ?

ベールを戻すと、ロッドには想像以上の重みが
(゜ロ゜;)エェッ!?


ロッドを起こして体勢を整えると

アオリイカも驚いたのか、強烈なジェット噴射!

緩めにはしてあったが、ドラグが鳴りラインが出されてしまうので

慌ててスプールを手で押さえて応戦。

こりゃ秋サイズじゃないぞ
w( ̄o ̄)w ナント!


潮の流れが速いので、身切れが心配。

ゆっくり慎重に足元までよせて、

無事ランディング。


タモを用意しておいて良かった
(´▽`) ホッ



この時期に、これだけのサイズが出れば大満足
∩(^∇^)∩バンザーィ



24,5cm、750gありました。

立て続けにヒットするエギ

ここまで活躍してくれれば、1軍に昇格です
(^^)



さらに追加。



確かに、今年のアオリイカは絶好調のようです。


最後まで同じ一本のエギでとおしました。



まわりが明るくなり、朝マヅメのチャンス到来のはずが・・・

エギを投げ続けるが、アオリイカからの反応は無くなってしまった。



沖の方に、魚のハネを発見。

何かが、ベイトを下から喰いあげている様子が見える。


慌てて、ジギングタックルを準備。


いつものXRS-1002LSJは持ってきてなかったので

タチウオ狙いで用意してあったST-902LSJで挑む。

ラインはPE08号、リーダーは16LBなので、余程の大物でない限り勝負になるはず。



ミノーを投げたいところだが、風が半端なく強いので、今季絶好調のジグをセット。


ハネを目がけてフルキャスト。

風が強くて手前に着水してしまったが、運よく着水点に魚がいたのか

ワンアクション目でいきなりガツッとヒット!

力強い引きで、ロッドが大きく弧をえがく。



マルソウダでした
ヽ(^◇^)/



その後、ジグを投げまくるが、

ナブラはあっという間に無くなり、海は静まり返ってしまった。



同時に風が強くなり、白波がたちはじめた。

これではエギングは不可能。

ジグはやたらに投げても、簡単には釣れる訳なく・・・



投げ疲れた
(;´ρ`) グッタリ



そろそろ帰ろうかと考えながら、ふと海に目をやると

はっきりとした潮目と、その中に僅かな変化が!


ベイトを狙う魚が付いてるかも
( ̄ー ̄)

ダメもとでキャストしてみよう。



飛距離を稼ぐため、

高比重ジグをチョイス。



変化があるその先を狙ってキャスト。


良いところに入った
(゜∀
゜)!!


ボトムまで沈めてから、ワンピッチを2回入れると

ジグがフッと軽くなった?

一瞬の食わせの間をつくり、ジグが走っていくのを確認。

そこで思いっきりアワセ!


ガッツーンとヒット!


ファーストランの強さで、いつもとは違う相手だと確信。

ロッドを立てて浮かせにかかるが、なかなか浮いてこない
(≧∇≦)



根に行かれるとアウトなので、強引にやり取りをしなければ。

ドラグをフルロック。



リールシート辺りから、ギシギシと嫌な音が鳴るが
(^▽^;)

気にせず力いっぱいリールを巻いて、相手を寄せてくる。


足元のテトラに潜られないように、注意しながら浮かせてみると

体高のある白い魚体。


カンパチだ!


足元で暴れたが、なんとかネットイン!



38pありました。



前にも助けられた事がありますが、

強風時やシラスパターンなど

タフコンディションで活躍してくれるジグです。



今日は、イカに魚に出来過ぎ
\(*T▽T*)/ワーイ



カンパチは持ち帰って、刺身や塩焼き、煮つけにして食べました。

ほどよく油がのっていて、とてもおいしかったです
(^¬^)ジュル...


これでは、まだジギングタックルを片付けられそうもありません
(^▽^;)




アオリイカ MAX750g ×5 (キープ)

ソウダガツオ×1(リリース)

カンパチ 38cm×1(キープ)



エギングタックル
ロッド :GONCQS-862MH-T
リール:ルビアス2506
PEライン :PEエギHG
リーダー :グランドマックス
スナップ :エギスナップ

ジギングタックル
ロッド :ST-902LSJ
リール :レアニウム4000
PEライン :東レ シーバスPEパワーゲーム15LB
リーダー :フロロリーダー20LB
スナップ :クロスロックスナップ






アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。