本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2011/9/30


今日は久しぶりの師匠との釣行(^ω^)



中途半端な時期。

何を狙うか?

アオリイカは、まだ小さいだろうし、

青物は釣れないようだし・・・。


何をしようか迷いながら、一応、両方のタックルを用意しておいた。



日の出前にポイント到着。

北風が吹いているが、それほど強くない。

波が高く、ゴミがたくさん浮いているが
(^▽^;)



まずはエギングロッドを持ち、アオリイカ調査をすることに。

サイズはどのくらいかな
(^^)


風がやや強いので、エギは3.5号を選ぶ。

フルキャストして、着低を確認。

浮かんでいるゴミをラインが拾って海面に張り付いてしまうが

ロッドを高くあげて、なんとかやり過ごす。


ロッドを勢いよくシャクり、フリーフォール。

連続ジャークでエギをアピールすると

グンッ!

一投目で乗ってきた!!



今シーズン一杯目は、なかなかのサイズ!

胴長16cm

風がある時はコイツの出番

よく飛び、しっかりアクションします。



夜明けと同時に、風向きが南寄りとなり、

その風がどんどん強くなる。

ラインが風で浮き上がってしまい、コントロールできず

何が何だかわからない
(+_+)


弓なりのラインが、急にスッと引っ張られて

テンションがかかった?



釣れてました
(^_^;)

エギは定番エギ



もう、この風ではメタルジグしか投げれない。

アオリイカ調査はこれぐらいにして

ジギングに変更。



良く飛ぶジグをセットして、青物を狙う。

表層では反応がないので、徐々にタナをさげていき

中層をゆっくり引いていたら

ガツッ!!





さらに強さを増す風。

白波がたち、波しぶきが容赦なく襲いかかる。

前を向いて立っていられないほどの、嵐のような強風に

師匠のキャップは空を舞い、オイラの水くみバケツは吹き飛ばされてしまう
L(゚□゚)」オーマイガ!



あまりの酷さに、ポイント移動。

すこしでも良い条件のエリアを探す。



もう1本、何でもいいから釣りたい。



背後の山で風をやり過ごせるポイントへ。

ムーチョルチア45gへジグをチェンジ。

ライナーでジグを飛ばしても

飛距離が出ないので、アピール方法を工夫する。

着水したと同時に、アクション開始し

前回の釣行で掴んだ、シャロー必釣パターンで誘い続ける。

いれば喰ってくるはず・・・

そう思いながら、必死で投げ続けていたら

ガツッ!

引きが弱いけど、確かに魚信がある
( ̄ー ̄;



たましてもソウダガツオ。



これ以上は釣りを継続できず。

早々に撤収
(´□`;)



本日のタックル
≪ショアジギング≫
ロッド :KGS-902MH
リール : レアニウムCI4 4000
PEライン : キャストアウェイPE1号
リーダー :モアザン ショックリーダー 20lb
アシストフック : ジャコフック
スナップ : クロスロックスナップ#0



アオリイカ ---g ×2 (リリース)

マルソウダ ---g ×2 (リリース)




アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。