本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2011/8/19


用事があって実家に戻ってきた。

母さんから、サバを釣ってきてほしいというオーダーがはいったので

サバ狙いに出撃

たまには親孝行しなくちゃ。


前回の釣行は爆釣劇を味わえたが、今日の潮回りでは果たして
(・_・?)



早朝の海へ行ってみると

沢山のアングラーが並んでロッドを振っていた
w(゚o゚)w


オイラは人混みが嫌なので、それを避けて、列の一番端まで歩いてキャスト開始。



風が横から吹き付ける。

ラインさばきに一苦労
( ̄_ ̄|||)



しばらくすると、はるか遠くにナブラが現れた
(*゚ロ゚)

徐々に近づいては来るものの、とても届く距離ではない。


少しでも遠くへ飛ばそうと、ヘビー級メタルジグをセット。

重くて体力を消耗するので、ここ一番でしか使えないが
(^▽^;)


数投して腕が疲れてきた時、突如、目の前にナブラが
(ノ*゚▽゚)ノ

ナブラ手前に着水。

沈める必要はないので、表層を引いてくると

ガツッ

引きが強くて楽し〜い



サバゲット
(*^-゚)v

38cm



1匹釣ってすぐにナブラが消えてしまったが、まだいるかも。

今度は着低させてからのサバパターンでガツッ
(‥ )ン?

根掛かりにも似た感触で、一瞬戸惑ったが

ロッドを起こすと激しい抵抗。

強烈な引きに、腕が疲れていて、魚を寄せれない
、ヽ`(~д~*)、ヽ

途中、休み休みしながら、ようやく手前まで寄ってきた。

なるほど、スレ掛かりか。

良く引くわけだ
(;^ω^A



40cmのサバ



しばらくアタリが遠のく。

サバの群れがいなくなってしまったようだ。



ワンパターンでは魚に見切られてしまうので

手持ちのルアーに幅を持たせようと手に入た

低速でもしっかり泳ぐジグミノー

着水後、すぐに表層をワンピッチで引いていくと、

ガツッ!

ソウダカツオのお決まりパターン
(^v^)



今日はソウダカツオもキープ。

食べてみよう
(^¬^)



ソウダガツオとサバも刺身で食べてみる。

釣った直後に絞めて処理したからかもしれないが、美味しかった。

特にサバは脂も程よくのっていて最高!

鮮度がいい魚を食べれるのは釣り人の特権です
(⌒¬⌒*)



撤収



本日のタックル
≪ショアジギング≫
ロッド :KGS-902MH
リール : レアニウムCI4 4000
PEライン : キャストアウェイPE1号
リーダー : モアザンショックリーダー16lb
アシストフック : ジャコフック
スナップ : クロスロックスナップ#0



サバ ---g ×2 (キープ)

ソウダガツオ ---g ×1 (キープ)





アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。