本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2010/10/23


この前のアオリイカのジェット噴射が忘れられない。

出張帰りに、車に忍ばせておいたタックルを持ち出して、いざ出撃。


今まで気にはなっていたが、打ったことのない堤防へ。

予報とは違い爆風吹く海。

どうしていつもこうなのか
(--,)



入れ替わりエギンガーが入って、スレているはず。

プレッシャーに強いエギをチョイス。

ロッドは秋アオリの身切れを防ぐため、ミディアムパワーのGONCS-862Mを選択。

ロッドを大きく曲げて、引き味を楽しみたい
(^-^)


向かい風に逆らってフルキャスト。

エギからの情報を頼りに、水深やボトムをチェックしたいが、この風ではうまくつかめない。

それでも丁寧に底取りしていると、突然、エギがコントロール不能に
(・_・;?



一投目からチビアオリが釣れちゃいました。

とりあえず、ボウズのがれ。



根掛かりしやすそうなので、ロストしても痛くない2軍カラーチョイス。

時間をかけて沈めた後、エギを真上に大きく跳ね上げる2段シャクリ。

フォール中にテンションをかけていると微かなアタリらしきものが!
(゚o゚)

アワセをいれるがスカッと空振り。

気のせい
(?_?)

もう一度アタックしてくるはずと、ボトムを丁寧に探るとエギに重量感!

アワセのシャクリでズシッ!!

ロッドが大きく曲がり、強烈なジェット噴射!

狙って釣れると楽しい
(^^)

時間をかけて寄せてくる。

海面に姿を現したアオリイカ。

でかっ!




秋とは思えないサイズ!!



このカラー、1軍へ昇格です。

2連続ヒット!

今年は良く釣れる
(*^▽^*)



活性が高そうなので、キャストの着水後

表層をダートで寄せてみる。

喰ってくるかな?



喰ってきました。

小さいのが
^^;



正面から吹いていた風が方向を変え、横から吹きつけるようになる。

ラインが風にとられてコントロールが難しくなり、最悪なコンディション。

秋アオリに有効な、激しいシャクリと喰わせのステイ。

テンションを張らずに、フリーフォールで落とす。

アタリはとれないが、シャクって乗るパターン。


それで、飽きない程度に釣れ続く。



もうイッチョ!







もう一つ、デカイのをとりたい。

サイズアップを狙って、ボトム付近を探ってみる。

何度か根掛かりして、着低させてはいけない根掛かりエリアを把握。

そこを避けて、エギを通していく。

ボトムをコツコツ叩いていると、グンッとロッドが絞り込まれた。



700g

強風時のボトム狙いはこのエギしかない。

オイラの心強い味方です。



まだ爆釣劇が止まらない。


中層をハイピッチで探ってくると、フォールで乗ってきた。



活性が高く、面白いように釣れてくる。



ここでエギを金テープにチェンジ。

表地がブラックで、まるでエビのよう。

エビをイメージして、ボトムで小刻みにシャクってアピール。

緩めのテンションでアタリを待つ。


エギに僅かな重みを感じ、アワセのシャクリを入れてズシッ!!

ただ重いだけで、動きを感じない。

コウイカか、それともゴミ
( ̄△ ̄;)

手前まで寄せると、グットサイズのアオリイカ。

ランディングしようとタモを出すと、ここにきて

力強いジェット噴射で一気に走りだした!

ドラグが鳴り、ラインが引き出される!!







本日MAXの750g




表層直下をショートジャークで走らせてフォール。

するとガツンと激しいアタリ。

このアタックの仕方、独特の引きはアイツにそっくりだが、

まさか?



やっぱりアカイカ。

この時期では珍しい
w(゚o゚)w



次第にアタリが遠のいてきた。

エギをアカテープのRBPにチェンジ。




小さいのがヒット。



終わってみれば、アオリイカ9ハイと好釣果。

短時間だったが、思いっきり楽しめて大満足
(≧∇≦)

撤収



本日のタックル
ロッド : GONCS-862M
リール : ルビアス2506
PEライン : PEエギHG
リーダー : グランドマックス1.7号
スナップ : エギスナップS


アオリイカ MAX 750g ×9 (リリース)

アカイカ ---g ×1 (リリース)




アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。