本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2010/10/9


今年の秋アオリチェックをしようと海へ出撃。

今シーズン初のエギングチェック。

楽しめるサイズになっているかな?


出張からの帰りに、いつもの堤防へ車を走らせる。



外は雨に爆風。

これ以上は無いといったバットコンディション
(T-T)


いつでも釣りができるなら、絶対やらない天候だが、

週末アングラーの辛いところ。

それでもカッパを着こんで、海岸へ歩いていく。


ポイント付近へ歩くと、エギンガー数人。

オイラと同類がいた
( ̄O ̄;)



堤防を見ると、墨跡が点々とある。

エギンガーに話しかけると、今日はまだ釣れてないようだ。

参考になる話を聞かせてもらい、隣に場所を確保する。


風を横からまともに受けながらのエギング。

ときどき吹く突風がラインを膨らませ、エギの姿勢を乱してしまう。

ラインコントロールができず、思ったように展開できない
(>_<;)



フルキャストして、ラインメンディング。

じっくり時間をかけてボトムステイ。

風や、荒れた海の影響を受けないよう

エギを、張らず緩めずのテンションで保っていると

スーッとラインが持って行かれたような??

アワセを入れるとズシッと重量感。

そして、アオリイカのジェット噴射!!

ヤッター
\(^▽^)/



記念すべきシーズン1ハイ目は、このエギ

新子にしては、十分な良型。

このサイズなら納得。



今シーズンは良いことあるかも(^^)



風が少し弱まった。

風向きも若干変わり、斜め後ろからのフォロー。

このエギを使うなら今しかない!

ボトムを探っても反応がないため、表層をロッドを下げてのショートジャーク。

ダートさせて手前まで寄せてきたところでステイ。

テンションフォールでアタリを待つ。

すると

グンッとロッドが絞り込まれる!

ゲッ
(゚ロ゚;)

弱めにしていたドラグだが、 一気に走りだした。

一瞬、魚でも掛かったかと勘違いしたほどだが、ストロークの長いジェット噴射がロッドを持つ手に伝わってくる。

逆転するスプールを手で軽く押さえながらファーストランに耐え、

おとなしくなってから、ドラグを再調整して寄せにかかる。


デカイ!!


まだ10月入ったばかりなのに、このサイズ。



まんまる太った650gでした
(*^-゚)v


釣れそうもないカラーだが、周りが使ってないだけに魅力的に感じるのか??

このエギは1軍入りに決定!


まだまだ釣れそうだが、帰りが遅くなってしまうので海を後に
(>_<)


本日のタックル
ロッド : GONCS-862MH
リール : ルビアス2506
PEライン : PEエギMS
リーダー : グランドマックス1.7号
スナップ : エギスナップS


撤収



オイラの感想としては、今年の秋アオリはデカい!

ただし、数は例年並みか、それ以下。

ハイプレッシャーという条件も重なり

少し手強いかな。

ただ海に行って、何も考えずにエギをなげているようでは、たとえ新子といえども出会う事は難しそう。

ゴールデンタイムの夕マヅメを狙って、高確率でゲットだ!



小さいエギを使っている人を多く見かけるが、風の影響を大きく受けるし、飛距離も出ない。

大きめのエギを使って勝負しよう。





アオリイカ MAX650g ×2 (リリース)





アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。