本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2009/9/20


朝起きて窓の外を見ると、空は青空。

風も昨日と比べれば弱くなった。

天候は問題なさそうだ。

釣り日和となりそう?


ようやくまともな釣りができそうだ。

時間があるので、のんびり釣りをしてみたい。



波が穏やかになる予報を信じて、近くの堤防に出撃!



堤防に到着すると、あ然。

期待に反して、波は相変わらず高い
(−_−)

しかし、今日は時間がたっぷりある。

来たからにはやるだけやってみよう。

とりあえずメタルジグをキャストしてみる。

すると、驚き!

一投目から、いきなりヒット!!



ヒットジグは こちら

青物はこんなに高い波でも、活動しているんだなぁ。

続けざまにガツンとくるが、バレが連発。

思うように数が伸びない。



その後、四方八方へキャストしまくるが、しばらく沈黙が続く。



昨日、今日と、シャクリ続けて、腕が疲れてきた( -.-)

ヘナチョコなジャークでガツンとヒット!

小カンパチ!!



ヒットジグはこちら



実は、これが今日のヒットパターン。

きびきびと動かすよりも、スピードを抑えた、控え目なアクションにヒットが集中。

ここから、楽しいひと時。

メタルジグがフッと軽くなってヒット!

右へ左へ走りまわる!!





ある程度確保できたところで、相棒に青物ロッドを手渡す。


すると、いきなりやってくれました!



ヒラソウダゲット!



ワカシゲット!!

ヒットジグ



オイラは、チビアオリに遊んでもらう。

少しでも大きいヤツをねらうため、定番3.5号エギをキャスト。

着低を確認したあと、ショートジャークを連続で入れて、一気に表層まで持ってくる。

そのままテンションフォールでアタリを待つ。

アピール重視した秋アオリの誘いをかけると、すぐ結果がでた。

ククッとロッドが重くなる。



潮の流れで重く感じたが、以外に小さい。

チビアオリゲット。



ここでロッドを交代。



オイラは再び青物狙い。



小さくゆっくりジャークを入れていくと

ガツンとヒット。

今までと違い、力強く引っ張られる。

海底へ潜るような引きに、ドラグが出される。

スプールを指で押さえて、出ていくラインの量を調整。

ロッドのシナリでやり過ごそうとするが、ラインが根に擦るような嫌な感触。

ヤバイ!

と思った瞬間、プツリ
(T□T)

テンションが無くなる。



ラインを結びなおし、良く釣れるメタルジグをセット。

またまた、ガツッとヒット。

活性が高い!!!


抵抗せず、すんなり寄ってきた。



これがアベレージサイズ。



時計をみると、お昼をとっくに過ぎていた。

そろそろ帰るか・・・。



撤収



今日は、家族が1人増えて5人に。

収穫は、お刺身、塩焼き、アラ汁に
(^_^)









明日は最終日。


さらなる大漁を期待して、寝床についた。



本日のタックル


<ショアジギング>

ロッド: 「ST-902LSJ

リール: 「アルテグラ アドバンス 4000S

 アシストフック: 「シャウト(Shout!) JHー02ジャコフック S


<エギング>

ロッド:ヌーボカラマレッティ 862MH


リール:ルビアス 2506

ライン: キャストアウェイPE 0.6号

リーダー: エギングリーダー1.75



ワカシ ---g ×4 (キープ)

ヒラソウダ ---g ×1 (キープ)

小カンパチ ---g ×1 (キープ)

アオリイカ ---g ×1 (キープ)






アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。