本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2009/6/27


今日は17人分のイカ刺身を持ち帰らなければならない。

気合いを入れて海の前に立つ。

今日は、滅多に訪れないポイント。

久々のアオリイカ持ち帰りゲーム。こういう時に限って釣れないんだよね。



限られた時間でイカを数多く釣っていくには、いつも通りでは間に合わない。

後から思えば、結果を急ぐこのあせりが今日一日のリズムを崩してしまうことに(´`)



いつもはここぞという時だけで使うエギを、一投目で使っていく。

ロングキャストのあとボトムをとり、やり始めたばかりのスラックジャークで反応をみると

ズシッとエギに手応え。

最初は重いだけで、リールを巻いていくと途中で小さいグィングィンと引き。

この感じはまさかのアイツ。



ヒットエギ

やはり・・・。

食べ比べも楽しいから、もうひとつアカイカを釣っておくか・・・(^0^ゞ


ヒットポイントに再びエギを投入。

しばらく誘ってもアタリがないので、エギをチェンジ。

すると一投目でアカイカを追加。



一発大物狙いには向かないが、何やってもダメなときに

よく釣れるこのカラー



中層を3回大きくシャクっては、フォールを繰り返す。

フォール途中にエギに違和感!



スルメイカ

安定した釣果をだすこのエギは、オイラの一軍エギ

この前苦しめられた時よりも、少しはサイズアップしたようだ。

今日だけは、容赦なくキープさせてもらう。

エギング外道の2種目達成(T_T)



しかし、本命はなかなか来ない。



撤収時間が迫ってきた。

まだアカイカ2ハイにスルメイカ1ハイ。

これでは寂しすぎる(-.-)



すべて手段はつくしたのか?

まだやってない事は本当にないのか?

頭の中で思い起こしてみる。

( ̄o ̄)q!

ひとつあった。


最近はずっと、スローなエギングばかりに気を取られていたオイラ。

本当にこれで良いのかと、半信半疑で続けてきた。

それでも結果は残せた。しかし、どうもしっくりこなかった。



オイラが今まで信じて続けてきた、エギングができていない。



ボトム中心でじっくり誘うのをやめ、激しいアクションに変えてみる。

キャスト後、一旦ボトムまで沈める。

ボトムからエギが離れすぎないよう、エギを縦に動かすのではなく横に大きくスライドさせる。

食わせの間を与えずに連続で入れ、足元付近までエギを寄せてきたところでステイ。

ここで抱きついてくれれば。


ラインをじっと見つめるが、ピクリとも動かない。


ここでスラックジャークを3発入れてみる。

波の動きにあわせて揺れていたラインが、急にふけた。

ズシッ!

ジ、ジジッ、ジーッ

ドラグがなり、ロッドを持つ手にアオリイカのジェット噴射が伝わる!

よっしゃ!(゜∀゜)

左手を握り拳にしてガッツポーズ!



タイムリミット30分前のヒット。

これでどうにか人数分のアオリイカを確保。

まんまると太った1.4キロのメスのアオリイカ。

最後の大逆転劇!

諦めかけたところでの良型ヒットに、嬉しさは倍増。

コイツのおかげ。



オスが近くにいるかもしれない。

そいつを捕らえてから帰ろうと思ったが、

チビアオリが2ハイ釣れたところで

撤収時間がきてタイムアップ。



撤収


アカイカ ---g ×2 (キープ)

 スルメイカ ---g ×1 (キープ)

アオリイカ ---g ×2 (キープ)

アオリイカ 1400g ×1 (キープ)





アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。