本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う

2009/3/28


2月と3月に一回づつエギングに行ったが、アオリイカの姿は拝めず、自信喪失中のオイラ。

今度こそはと、秘策を用意してエギングに出撃!


先日は南関東では小雪がぱらついたなど、外気温が低下している。

海水温データをみると、今年は水温上昇が遅れているようだ。

少しでも条件を良くしようと、夕マズメで勝負をかける。



夕方5時にポイント到着。

すると、エギンガー1名、ヤエン5名と超満員御礼状態(-_-;)

タイミングよくエギンガーひとりが場所移動したので、そこに入れさせてもらう。


風は後方から吹きつけるベストコンディション。

潮の流れがかなり強そうだ。

激流の中へエギを投入!

海の中が掻きまわされて、エギを思うように操れない。

いつもどおりにエギにアクションを入れても、ロッドが絞りこまれるだけで、

うまくエギにアクションを伝達できているか、良くわからない。

ドラグを締めて、いつもより力強くエギをシャクっていく。


ヤエン師が急に騒がしくなった。一人のアジにアオリイカが掛かったようだ。

アオリイカが回ってきたかな?


オイラはロングキャストで応戦。広範囲を探っていく。

着低を確認し、まずは大きく2段シャクリ。

ボトムから離れすぎないよう、這わせるようにショートジャークを入れ

そしてステイ。

いつもなら、ここでククッと持っていかれるはず。

弱めのテンションを掛けながらアオリイカの反応を見るが、海の押し引きの抵抗を感じるだけ。

もうちょっと待ってみる。

・・・

ロッドでソーッと聞くと、エギが重い。また根掛かりしたかな?(+_+)

しかし、ロッドを起こしグーッと手前に引き寄せてみるとこちらに寄ってくる?!

慎重にアワセのシャクリを入れてズシッ!

そしてグィングィンとアオリイカのジェット噴射!!

潮の流れも加わって、かなりの重みを感じるが・・・

アオリイカ

引きの割には小ぶりなアオリイカ。

しかし、チョ〜満足な一杯。

やっぱりこのカラーです。



近くにいた観光客にアオリイカをあげて、そのお返しに温かい缶コーヒーをもらうことに。

コーヒー飲みながら、春はそろそろかな
(^^)と実感。


秘策は、まだまだ完成の域に達しない。実釣を繰り返して、シーズン開幕までにはモノにしたい。



撤収



アオリイカ ---g ×1 (キープ)




アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。