本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う


2008年7月26日 【ショアジギング】


実家の焼津に帰ることに。

浜では青物ゲームがアツいよう。

久し振りに、青物の引きを味わいたい!



オイラもホント釣りバカだなぁと思いながらも、眠い目をこすり車を走らせる。

まだ薄暗い時刻でも、駐車場にはアングラーが数人
w( ̄△ ̄;)w

オイラだけじゃないようだ
(・・;)


浜に降りると、海岸線にそって点々とヘッドランプの明かりがみえる。

この時点で初めて、出遅れていたと気づいたオイラ。

横入りしないように、列の一番端まで歩く。



ムーチョルチア25gを結び、さっそくトライ
\(^o^)/

エギと違い、メタルジグは気持ちよく飛んでいく。

着低を確認し、まずはファーストリトリーブ。

次に、ジャカジャカまき〜。

リフト&フォール〜。

・・・。

な〜んにも釣れない。

みな黙々と続けているが、釣れている気配なし。



開始して1時間ほど経過したところで、

時合が来たのか、周りでポツポツと釣れ始める。


オイラの左右隣のアングラーにもヒット!
ヽ(ヽ゚ロ゚)

テンションUPで気合いれて投げまくるが、

なぜオイラだけ・・・釣れない。



悔しいけど、良く釣る人を見てみることに。

ロッドを置いて、テクニックを盗んでみよう。

ジーッと熱い視線を送るオイラ。

ふむふむ。


オイラの熱い視線が届いているのか、何度か振り返るアングラー。
(*´ェ`*)


ジグをキャストした後、着低まで待ち、ジャークを数回入れて、ファーストリトリーブ。

なにも難しいことをやっていないが、きっと何かが違うんだろう。


ずっと指をくわえて見ているだけのオイラでした。

撤収



--- ---g ×0 ()




アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。