本文へスキップ

アオリ天国は、アオリイカのエギングやジギングなど、ソルトルアーの釣果情報を発信します。

HPSince 2002/11/8

エギングでアオリイカを狙う


2008年3月15日 【続 まぐれ】


前日の大雨があがり、そらは星空となっていた。

風も斜め後方から吹くフォロー。条件は悪くない。

期待と不安を抱きながら堤防に立つ。



今日は、15人前にもなるアオリイカを用意しなければ
<(; ^ ー^)

前回のエギングは運良く良型を揚げることができたが、まぐれは、何回も続かない
(;-_-)



いつものタックルで、エギング開始。

さっきまで降っていた大雨と強風の影響で

波が高くうねりが入っているのが、エギを通じてわかる。

海底がかきまわされ、イカが回遊するなんてとても出きる状態じゃぁなさそう・・・
(´o`)



開始して、2時間が経過。

アオリイカはおろか、アカイカのアタリさえ全くない。

前回は、おもしろいほどアカイカが釣れたのに

今日は、海から生命反応を感じない。

沈黙を保ったまま、徐々に辺りが明るくなってきた。


エギを中層に流していると、突然、ゴツッガツッとイカにしては激しいアタリ
w(゚o゚)w

海中のゴミにでも引っ掛かったのかなぁと思いながらも、再びアタリがくるのを待つが、2回目はなかった。

エギをピックアップし表面を触ってみると、ヌルッとしてないし、イカじゃない
(?_?)


場所を小移動。テトラの上に立つ。

しばらくすると、さっきと同じ激しいアタリ。

すかさずアワセをいれるが、スカッとバラシ
(T_T)

一瞬エギをもってかれたような引きも見せ、何なのか解らないがエギにアタックしてくる。

なんなんだ。

魚か?


次こそ捕らえてやる。

ラインはテンションフォール。全神経を集中。

ガツッとまたきた!

今度は逃すまいと、アワセをいれてズシッ!

グィングィンと引きを感じる。

イカだ。

リールを巻いて寄せるが、とても軽い。

なんだ、こういうことか。

ヤリイカ

ヤリイカ

足も小さいし、乗りにくいわけだ
(^-^)



まだ、収穫はヤリイカ1ハイ。

このまま終わってしまうのかとアオリイカは諦めかけた、その時!

フリーにしていたエギに重みが伝わり、沖に走り出した。

ジジーッと出ていくライン!

キター!!
(>▽<)

一度目の抵抗をこらえて、静まったところでドラグの調整。

強めに締めて、手前に寄せにかかる。

浮上したアオリイカは、なかなかのグッドサイズ!

足下まで寄せ、ランディング態勢に入りたいが、アオリイカが打ち寄せる波にのまれて振られてしまう。

強い波の力に、アオリイカがテトラポットの隙間に吸い込まれる!

アオリイカを抜き出し、一かばちかで、ネットを差し出す。

うまく入り、足場の良い堤防に揚げる。

アオリイカ

アオリイカ

1370gのアオリイカ。立派な姿だ。

アオリイカ

まぐれは、また起きた
σ(^_^;)


ロッド:シマノ セフィア ゲームS806ML

シマノ(SHIMANO) セフィア ゲーム(並継)S806ML

リール:ダイワ 07ルビアス2506

ダイワ(Daiwa) ルビアス 2506

エギ:アオリ〜Qネオ ホロゴールドピンクドット

ヨーヅリ(YO-ZURI) アオリーQ ネオ



明るくなって気付いたが、悪天候の影響で海の色が濁っており、

こんな海を相手にシャクっていたと思うと

よくもまぁ、イカが釣れたなぁと思ってしまった。

撤収



アオリイカ 1370g ×1 (キープ)

ヤリイカ ---g ×1 (キープ)




アオリ天国バナー
[Back]


ゴロ助

SITE info.アオリ天国情報

Author: ゴロ助

腕はないが、釣れるまで投げ続ける根性はある。 話しかけられると赤面しちゃうシャイなアングラー。 静岡〜伊豆エリアでシャクってます。